House Design −設計の流れ−

打合せ内容により変わってきますが、目安は下記の通りです。

建築相談(無料)

新築、建替え、改装(リフォーム)など建築のご相談をお受けします。
敷地図や図面などをお持ちいただけると、より具体的なお話ができると思います。
土地の購入をお考えで、商談中の敷地にご希望の建物が建築可能かどうかなどのご相談からお受けする事もあります。
ご家族の夢や、将来の展望など、また、現在のお住まいの問題点や不便に感じられているところから新しい住まいの形が見えてくることもあります。
ご要望を十分伺った上でおおまかなプランのイメージや、 物価の動き、住宅ローン等も考慮した最適なスケジュールの考察など色々なお話をしますが、 話だけでなくプランも見てみたいと思われたら、「基本計画」をご依頼ください。

現地調査

「基本計画」に入る為に、敷地(必要であれば役所等も)へ出向き調査を行います。
敷地図等、プランに必要な書類等をお預かりします。

基本計画

建築相談で伺ったご要望と資料を基に、約一ヶ月かけて基本計画を作成します。
平面図、立面図のほか、必要に応じてリビング等主要室のスケッチパース、白模型、概算予算書等にてプランをご説明いたします。
漠然としたイメージだったご希望が、一度図面として形になり目にする事ができると
よりはっきりと具体的なイメージが広がってきます。
図面を真っ黒にするほど、新しい要望を書き入れてください。
設計者とのキャッチボールの始まりです。
内容の濃いキャッチボールを重ねて初めて、良い建物ができると実感しています。
(打合せを重ねて、基本計画を完成させていきます。
この間に設計パートナーとしてふさわしいかどうかお考えください。。。)

設計のキャッチボール

設計契約

基本計画が練り上がり、設計パートナーとしてふさわしいとお考え下さったら
「設計契約」を締結いたします。

基本設計

より詳細な調査を行います。

さらに細かい部分について設計のキャッチボールを繰り返していきます。

建材やキッチンについては、ショールームを見学し、現物を見て確認しながら設計を進めます。
構造・設備設計も入り、図面・概算予算書を作成。
プランと概算予算のバランスにご納得いただけたら、「実施設計」に入ります。

実施設計

工事に必要な図面の作成に入ります。
約2〜3ヶ月、基本設計をもとに詳細な図面を起こしていく作業の期間となりますので、
この間さらに、内外装材、各種器具や家具などの情報収集を行い、図面に盛り込んでいきます。

見積依頼〜金額交渉、工事契約、建築確認申請

実施図面をもとに、2〜3社に見積りを依頼します。
特定の工務店は決まっていませんので、見積り依頼先についてはご相談の上決定いたします。
見積依頼と同時に、建築確認申請の準備もすすめます。
約3週間後、見積り金額が出揃ったら、 見積書のチェック、各社との金額折衝を経て、十分なご相談の上施工業者を決定します。
さらに調整を進め、工事金額が決定しましたら工事契約をし、契約確認申請が下り次第着工となります。

工事監理

”タケカン”と呼ばれる工事管理は施工業者の監督さんが、
”サラカン”と呼ばれる工事監理は設計者が担当します。
設計図通りに工事が行われているか、現場を確認します。(通常週1回で考えています。)
工事監理こそが、質の高い建物を作るための設計事務所の重要な仕事と考えています。

竣工・お引越し

竣工・引渡し検査終了後、いよいよ新しい暮らしのスタートとなります。
建物ができて初めて、置きたい家具のイメージがつかめることもあります。
造作家具を追加で設計する事もよくありますので、竣工後でもご相談ください。

点検・メンテナンス

初めの一年の四季を通して、隠れていた施工の不具合などが一通り明らかになる事も多いものです。
建物全体を把握している設計者が常に窓口となり対処していきます。
竣工一年後に、施工者と共に「一年点検」を行います。
その後も必要に応じて適宜メンテナンス点検を行い、建物と暮らしを見守っていきます。
(一緒に作りあげた建物が、年月を重ね、住まい手にさらに寄り添っていきいきとして見える時、これが設計者にとって大変うれしい瞬間です。
どの建物もずっと見つめ続けていきたいと願っています。)